たまっていく会費

サークルの会費を払うのに困っていました。
といっても、特に派手にお金を使うようなところでもなかったので、せいぜい年間1万円もいかない程度です。

正直なところ、しょせん学生同士で遊んでいるだけなので、払わなくてもそんなに大したことにはならないだろうと、なめているような部分もありました。

もちろん実際にはそんなことはなく、細々とした費用などに使われるので、払わないわけにはいきません。とはいえやはり同じ学生同士なので、あちらもそれほど強くは請求してくるわけでもありません。そんな調子でこちらも忘れ気味になって、2年、3年と繰り越していってしまいました。

もちろん、その間の会費は実際には会計の担当が建て替えてくれていたわけですが…。
しかし一度ずつならまだしも、溜まってくるとけっこう大きな額になってしまい、返しにくくなるのはどの借金でも同じ話です。

そのうち忘れているというよりも、意識的に会費を払うのを避けるようになっていき、その手の話題が上がるたびこそこそと退席したりと情けない対応をしていました。

いっそサークルを辞めてしまえばいいとも思うでしょうが、そのころはもう交友関係がおもにそちらで築かれていたので、そうもいかなかったのです。

結局、卒業間際になってようやく、気持ちを改め貯金を切り崩してすべて返済することができたのですが、歴代の会計の方には本当に迷惑をかけてしまったと今でも反省しています。